雪中送炭通信 本紙号 2015 3月号 vol.35

INDEX 雪中送炭通信2015年3月号目次

今月の特集/医療通訳は次のステップへ Vol.2 日本抗加齢センター(株)営業企画部・部長 荘司氏に聞く

日本抗加齢センター(株)の営業企画部は『人材サービス事業部』『通訳翻訳サービス事業部』
『国際医療支援事業部』『医療人材育成事業部』をマネジメントしています。

今号では前号に引き続き、医療ツーリズムと医療通訳をテーマに営業企画部の荘司氏にインタビューします。今回は今後医療ツーリズムや医療通訳どのように変わっていくか、日本抗加齢センターとしてどのように取り組んでいくかにフォーカスして話を伺いました。

編集部:医療ツーリズムは、今後どのようになっていくとお考えですか?

荘司:日々業務に携わっている者の実感としては、医療ツーリズムの訪日外客数はますます増加すると思います。また、現在はPETなどの「検診」が中心になっていますが、今後は「治療」の領域に更に拡大していくと感じています。弊社には実際に、ガンの治療やセカンドオピニオン、整形/形成外科のオペ、血管外科の治療やオペなどお問い合わせが増加しており、既に医療機関にご紹介しているケースも多々あります。
一言で「治療」といっても、診療科目はたくさんありますので、医療通訳士の網羅すべき知識も必然的に増えることになります。旅行代理店などのパッケージツアーは、半日ないし1日の検査が含まれているような従来型の医療ツーリズムに加え、医療そのものを目的としたものも増えていくと強く感じています。
最近は旅行代理店以外にも多くの(国内外の)事業会社が医療ツーリズムに何らかの形で参入しておりますし、また、個人が自身のネットワークで患者さんを連れて来るようなケースも非常に多くなっています。

編集部:医療通訳士に求められるスキルも高まるということですか?

荘司:その通りで、診療科目ごとにそれぞれ専門用語があり、通訳をするにはそれぞれの分野の知識も必要になります。「健診」通訳のスキルが低くてもよいという訳では決してありませんが、「治療」となるとより専門的な知識やスキルが求められると思います。患者さんの訴求や症状が正確に伝わらないと適切な診断、治療につながりませんし、一つのミスが生死にかかわるということも頭に入れなければなりません。日本の医療機関もよりきめ細かな対応が求められるようになると思われますので、私たちが活躍できる場もますます広がると考えています。

編集部:その点についてもう少し詳しくお話しいただけますか?

荘司:例えば民間の大手病院グループなどでは、海外受入専門のセクションを設置しているケースもあるようですが、それでも海外からの問い合わせが増加すると、病院側も本来の業務に支障をきたすということがおこると思います。自前で対応するよりも、私たちのような専門的なノウハウを持つ企業にコーディネートを委託する方が効率的と考える医療機関も多くなるのではと考えています。
自ら海外受入れのセクションを設ける余裕のない医療機関も当然ある訳で、コーディネート企業へアウトソーシングする流れは今後ますます強まるのではないかと思います。

編集部:次のステップとしてお考えのことは?

荘司:日本における医療ツーリズムのあり方が変化してきている中で、4つのことを実施したいと考えています。
ひとつは、多岐に渡る要望に応えられる医療通訳士の育成です。弊社ではこれまでに中国人を対象とした医療通訳講座を10回、ASEAN諸国出身者を対象とした医療通訳講座を1回開催し、述べ400名以上の認定医療通訳士を輩出してきました。これまでの講座は医療通訳としての基礎やマナーを重視した内容になっていましたが、これらの認定医療通訳士がさらなるスキルアップを図れるような、一定期間継続して行う上級講座を開講したいと考えており、早ければ今年中に開始する予定です。
ふたつ目は、治療領域のコーディネートの強化です。弊社では、セカンドオピニオン、治療、検査、オペなどを希望する患者さんと医療機関をマッチングするスキームを構築していますが、この運用にさらに力を注ぎ、一人でも多くの患者さんに貢献したいと考えています。
次に、医療機関向けのPRサービスの運用強化です。診療科目は問わず、積極的に海外(中国)から患者さんを受け入れたいと考える医療機関の、海外向けのPRサービスをより効率的にご提供することです。
最後は、業界を作り込むことです。医療機関に送客するソースが多岐に渡る中、コーディネートや受入スキーム、通訳の質などがエージェント単位で大きく異なる問題が考えられます。特に費用面など、間に入るサービスが原因で海外の方が日本の医療にネガティブな印象を持たれないよう、良心的な標準が構築されるべきと考えており、弊社の取り組みが規範となるように頑張りたいと考えております。

医療通訳募集!
日本抗加齢センターでは、中国語・医療通訳士を随時募集しています。医療通訳士としてのスキルを確認する無料『通訳スキルテスト』を受けてみませんか?
詳しくは下記にお問い合わせください。
お問い合わせ 日本抗加齢センター株式会社 人材サービス事業部
TEL:03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)
E-MAIL:info@koukarei.com

求人情報/日本抗加齢センターに依頼のあった求人情報の一部をご紹介します。

こちらでは弊社が扱う求人情報の一部をご紹介します。貴方に合う求人情報が見つからない場合は、直接弊社の『就職諮詢服務』にご連絡頂ければ、中国語の出来るスタッフが貴方の状況に合わせて求職のお手伝いをさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 日本抗加齢センター 人材サービス事業部
TEL:03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)
E-MAIL:info@koukarei.com
企業 募集職種 年齢 勤務地
製薬 学術情報部門のマネージャー 40~49歳 東京
製薬 発注・在庫管理担当サブマネージャー 35~49歳 つくば市
製薬 新薬メーカー出身者で、製剤の工業化検討・
スケールアップ・生産技術の部門に詳しい方
50~60歳 つくば市
製薬 安全管理部のお客様相談、添付文書作成関係 不問 東京
製薬 信頼性保証本部(品質保証) 不問 滋賀
製薬 バイオ製剤開発経験者・無菌製剤製造経験者 不問 岐阜

その他、日本の医師免許、看護師免許、薬剤師免許取得者、母国で医大/看護大/薬科大をご卒業されている方、製薬/治験企業での研究開発職、ファーマコビジランス、CRA、統計解析(SAS)などの経験者は是非弊社にご登録下さい。
弊社は中国人留学生を中心としたグローバル人材のための就職・転職支援を無料でご提供しております。
弊社のキャリアコンサルタントが「履歴書」や「職務経歴書」等の書き方指導他、面接対策、キャリアデザインなども全て無料でご提供しています。

Information/あなたが知っているとっておきの日本を、中国人旅行者に紹介しませんか?ジャパン・トラベル(株)では中国人ライターを募集しています。

外国人旅行者向けに日本の魅力ある場所、面白い場所を外国人の視点で紹介する情報サイト「Japan Travel.com」を運営するジャパン・トラベル株式会社では、中国人ライターを募集しています。
観光名所やお店、レストランからあまり知られていない超穴場スポットまで、あなたが感じたままの記事を投稿してみませんか。投稿は記事+写真または動画で。PCやタブレットから簡単に投稿できます。
投稿するたびにポイントをもらえ、ポイントがたまるとホテルの宿泊券やデジタルカメラなどの景品と交換できます。また、他の言語で書かれた記事を中国語に翻訳してもポイントを獲得できます。
ご興味のある方は、Japan Travel.comのサイトへアクセス。
ライター登録やお問い合わせもサイトからできます。

Japan Travel.com  http://zh-hans.japantravel.com/
お問い合わせ:   trifina.leang@japantravel.com(梁 徳華)

登録はこのボタンから

活動報告 日本抗加齢センターの最近の活動をご紹介します。

2月6日、関連会社「ABC JAPAN」が設立パーティを開催しました。

11月号でもご報告しました日本抗加齢センターの関連会社ABC JAPAN(Asia Business Center Japan)が、去る2月6日、関係者を集めて東京・青山で会社設立パーティを開催しました。今後ABC JAPANは“アジアをひとつに。アジアのために。”を企業コンセプトに、日本とアジアの国々の発展に寄与するために、アジアの人材育成・交流事業/ビジネス交流事業を展開してまいります。

雪中送炭 医疗翻译手册 医療通訳ハンドブック 好評発売中!

本書は医療通訳士を目指す中国人の方はもちろんのこと、一般の方にもわかりやすく読めるよう編集しました。急なトラブルや事故、または体の不調により医療機関に訪れる際に、すぐに役立つ内容が満載されていますので、ぜひお手元に置かれることをおすすめいたします。
書籍版とデジタル版がございます。

書籍版 価格:3,024円(税込)・送料:日本国内・無料/中国・1,000円(税込)
デジタル版 価格:2,117円(税込)

ご購入方法 電子書店「ブックパブ」で購入(書籍版・デジタル版) 電話で注文(書籍版のみ)日本抗加齢センター 03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)※中国語でも対応可能です

電子書店「ブックパブ」

試し読みはこちらから

■書名:雪中送炭 医翻手册
‐医療通訳ハンドブック‐
■著者名:照川眞木・楊 筱蓉・
上野昭代
■出版社:万来舎
■監修:日中医療交流協会

■目次

はじめに「雪中送炭」のこころで

第1章/日本の医療システム
日本と中国における医療習慣・システムの違い
日本における医療施設の分類
医療施設における一般の診察の流れ
日本の医薬分業システムと処方
入院・治療・検査の流れと心得
日帰り手術・人間ドックの流れ
外国人が利用できる医療施設について

第2章/医療通訳という仕事と心構え
一般通訳と医療通訳の差異
医療通訳において持つべき倫理
医療通訳において持つべき知識と注意
医療通訳現場の理解と振る舞い
手術の場合の適正通訳(IC・同意書)実践例
人間ドックの場合の適正通訳・実践例
医療通訳士Q&A

第3章/医療通訳士として身につけておきたいマナー
日本における職業意識
マナー基本五原則
医療通訳士としての心得
医療通訳にあたる前に

資料集/日本独特の痛み表現と翻訳の難しい表現

人体各部位の名称一覧
問診表
造形CT検査説明書・同意書

日本企業への就職を希望する中国人の皆様へ 就職咨詢服務 中国人就職相談サービス

日本企業への就職を希望する中国人のための相談窓口「就職咨詢服務」を開設しております。日本語でも中国語でも対応できるこのサービスは、文化や習慣の異なる日本の企業に就職するための情報から、就職の心構え、企業情報など広くアドバイスいたします。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 日本抗加齢センター 就職咨詢服務
TEL:03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)
E-MAIL:info@koukarei.com

中国人の採用をご希望の企業様からのお問い合わせもお待ちしております。

ご意見・ご感想大募集! 雪中送炭通信に対するご意見やご要望・ご感想をお聞かせください。
今後の編集に反映させていただきたいと思います。
●ご意見・ご感想等はメールで
E-MAIL:info@koukarei.com
※ メールの件名欄に「雪中送炭通信」と入力の上ご送信ください。

★	次号は、4月3日(金)に発行する予定です。

中国語・医療通訳 随時募集中 医学の知識のある方、大歓迎!

雪中送炭 医疗翻译手册 医療通訳ハンドブック 医療通訳の必読書

無料 就職咨詢服務 中国人就職相談サービス

ご意見・ご感想大募集!

本メールマガジンの記事および広告掲載に関するお問合せは以下までお願いいたします。

日本抗加齢センター株式会社 日中交流事業部
TEL.03-3511-1170  FAX.03-3511-1174  e-mail info@koukarei.com
〒102-0071 東京都千代田区富士見1-11-24-601